二代目神の使者 和丸斎さまのこと

2019.08.15
第五巻 富士和教会

二代目神の使者和丸斎さまとは、安丸姫様、つまり、戸村スエさんの一人息子、戸村和男さんだ。

昭和14年生まれ。明治大学を卒業して、日立家電販売に務めていた。

25歳で結婚したころに、母にお告げが下りた。「母に狐でもついたか・・・」と、心配をした。母が、神様、神様と言うが、いったい何のことだろうと、宗教関係の書物を読み漁ることもあった。

安丸姫様が教会を始めるころから、自宅にはいつも人がいた。教会といっても、当時鎌倉の小町通りにあった自宅が教会を兼ねていたからだ。会社が休みの週末にも、自宅に居場所がないから、朝早くから釣りにでかけた。火事騒ぎの嘘に振り回された13年の間には、会社から帰り、母から、今夜火事があるからどこどこの親戚に行きなさいと神様が言っていると聞かされれば、子供を背負い、おむつや着替えを持って、一家そろって夜道を出掛けた。結局、神の言う火事はなく、いったい何が起きているのか、考え続けた。


由比ガ浜に引っ越して、火事騒ぎからは解放されたが、相変わらず、自宅が教会なのだから、自宅に自分のくつろげる居場所はなかった。人の住居に来て、傍若無人にふるまう人々の姿も見てきた。「運命は変えられる」と、神様が使者に言わせたために、人様の指導に悪戦苦闘する母の姿を、間近で見てきた。嫁ぎ先で、義母の手伝いに奔走する、妻の実家に対する気苦労もあっただろう。会社に対する気遣い、近所に対する気苦労・・・

かつて、奥様の順子さんから、こんな話を聞いた。

主人が55歳のときに、いつもお願いしているクリーニング屋さんが、洗濯でワイシャツをボロボロにしてしまったので、弁償させてほしいと言ってきた。これは何かあると思って義母に聞いたら、私はこれだけは言いたくなかったんだけど、神様は、長い間お勤めご苦労様でした。和男に、退職して、教会に入りなさいと言っています。


会社の期退職制度を受けて退職した。それまで、教会として、由比ガ浜の自宅を使ってきたが、神様の命令にしたがって中古物件を探し、材木座の一軒家を退職金を使って購入、改築して教会とした。母にお告げが下りてから30年後に、はじめて、自宅と教会を切り離すことができた。

和男さんは、これから難しい道のりになることを重々覚悟して、教会に出るようになった。安丸姫様の隣に座り、ご相談にいらっしゃる方々の話を聞き、母に分かりやすい言い方に要約して伝えた。安丸姫様は、神様の操作で、和男さんの声しか聞こえなくされていた。和男さんの言葉を聞いた安丸姫様は、手を合わせて神様にお尋ねになり、直接、ご相談の方にお話しをされた。

和男さんは、神が何を伝えるのか、その詞を聞いた人がどんな反応をするのか、後日、その人が何を言ってくるか、その人が何を考えたことで何が起きたか、その無数のケースを聴き続けた。

社会を一周してきた50代後半の男性にとって、人のプライバシーと、心の中をのぞき見する、うんざりするような日々だっただろう。それは今も続いているのだが。


安丸姫様が、人様のご相談の途中、「なんであたしがこんなことしなきゃいけないんだっ」とつぶやいて、癇癪をおこしたことがあった。神様がなだめたのだろうと思われる。安丸姫様は、目をつぶって、しばらくして再び穏やかになった。80代後半のことだったと思う。辛抱強い女性でも癇癪を起すことがあるほど、ストレスの多い仕事だ。50代の働き盛りの和男さんは、当時、確かに何度も癇癪を起こして、母の安丸姫様から諫められていた。


安丸姫様は、ご相談に来ている人々の前で、遠慮会釈なく、和男さんを叱った。「自分が分かっていることと、人に教えることは、全然違うんだよ」などと、直言した。その場にいる人々は笑ったが、和男さんは黙って聞いていた。その繰り返しの日々だ。


そんな日々が10年間続いたが、和男さんは、日に日に変わっていった。

当初、「私の母のどこが、神の使者にふさわしいと神様が考えたのか、私にはさっぱり分からない。母は人前で話しをすることすら嫌いで、小学校の時に担任の家庭訪問があっても、人に会うのが嫌で押し入れに隠れていたこともあった。ものに執着しない、困っている人がいれば鷹揚に助けるなど、近くで見ていて凄いなと感じることもあるけれど・・・」などと話していた。

しかし、この10年間で、神の好き嫌いを理解し、母戸村スエが、お告げの下りる前からすでに、神が好む性格であったことも分かるようになった。神に対する理解が深まっていくのが、傍から見ていてはっきりと分かった。理解と覚悟が身体に沁みて行った。そして、神様から和丸斎という名前を与えられて、安丸姫様の後継に就いた。 


神様は、親不孝を諫める。こどもがどんなに親孝行をしたつもりでも、親が子を思う心には届かない、と。子供の時に親がこんな育て方をしたから・・・、親の考えていることが間違っている・・・等々、子供が親に不満を持つことを神様は嫌う。親の人格を問うのはお門違いで、親がいるから自分がいる。親は「親」だから大切にするのだ。


神の使者が「神の使者」であることの厳しさは、私たちには分からない。だが、神が育てた使者がいるからこそ、神と「双方向」の対話ができる。富士和教会が誕生するまで、神によるこの世の支配は、一方的なものだったのだ。この事態の大きさを思い、神の使者の存在の重要性をかみしめる必要がある。神は、この使者を通して、世の中を変えていくだろう。そのときに、人は、目に見えるこの使者に集中する。上に立つ人の粗を探したがる人もいるだろうが、その人の、社会における役割を見失わぬように、心したい。


「神様声は、男の人ですか」と尋ねた。


 神様の声・・・どんなんだかって言うの?

 あんた、声なんてね。はっきり言うと、そうだね、ささやくように内緒話みたいね。でも、言葉ははっきりしているんですよ。ただこの字何て読むのかなんて神様に聞くときは、もうちっとはっきり言ってくれればいいと思うことあるけどね。

 普通は人間の内緒話でもするようにね、頭の中でですよ。耳から入ったらいけないんですってね。神様頭の中でね、どうふうに聞こえるって聞いたら神様、『頭の中で響く』って言いなさいって言ったけど。『頭の中で響きで教える』って言うけどね。やっぱり頭の中で神様のおっしゃることが分かるんですよ。『こうしなさいね』って。

 それが、神様がね、本当にその人のその日の状態やなんか、ちゃんと感じさせるようにね。この神様凄いものですよね。嬉しい時は嬉しいように、寂しいときは寂しいように。小言を言うときは小言を言うようにね。こうね、はっきりその感情を見せるのね。だから、何でも頭の中でおっしゃるけど、神様の言っている気持ちがね、ふざけるときはふざけるようにね。

 それはね、はっきりと雰囲気でね。本を読むようなことと違うのよね。雰囲気を出してね。

 こうして手を上げて書くときだってね、こうして書きながら何を書いているのか見るんじゃなくてね、頭へ浮かぶんですよやっぱり。すうっと頭の中でね、何を書いているのか分からないけど、動くんだけど言っていることは分かるんですよね。

 そのまに、始めは手でね。あらまし7カ月くらいはね、手を書いて教わってたけどね。そのうち、お告げの練習しようと思ったらふうと手が下がって、あら今日神様気にいらないのかなってね。教えてくれない気かなと思ったら、神様が

『今日から、頭の中で教えて上げますから、書く必要はないんですよ』

っておっしゃってね。今度はこうして頼むとね、すうっと手はあがんないで、頭の中ですっすすっす言うからね。用があるときにはね、夜寝ていても起こされることがあるのね。起こして話しかけることがあるのね。

 だから道を歩いていたって、『もうお帰りなさい』って言うの。『もう、帰りなさい』ってね。だから神様、嘘をつきつき道を教えてくれたってさ、『もう、帰りなさい』って言う時にはさ。いいかげん腹がへってね、神様がまあ何とか言うまで歩いていようと思って、歩いていると、すると『もう帰りなさい』って言うのね。

 おなかがすいたからほら、世田谷に行くときにさ。さんざ歩け歩け、道が分からなくなって、『もうちっと、歩け、歩け』ってさ。『あっちまで、もうちっと、歩け、もうちっと、歩け』ってさ。今に何か言うだろう。こんな方まで来るんじゃない筈だと思って歩いていたらね。『ちっと来過ぎたから帰りなさい。ほら、よそにおなかすかせて行ってはいけません。ほら、ここに、おそばやさんがあるから、おそばを食べて行きなさい』ってね。

 でもさ、神様に嘘をつかれるからね、口を聞くのが幾ら嫌いでもさ、やっぱりぺこぺこしなけりゃならないしね。頭下げるのが嫌いでも口を聞くのが嫌いでもさ、ぺこぺこしなけりゃなんないし。口を聞かなきゃなんないし。

 否応無しに口を聞かせるような材料を作るのよ。それで『信者の秘密は漏らすな』ってね。秘密をしゃべられちゃ仕様がないしね。でも『裏切られたときには、言いなさいよ』っ。神様ね、『信者さんの秘密を守ること考えて、その信者さんに裏切られたときには、黙ってないで、言いなさい』とおっしゃる。そういうことよ。だから信者さんの色々な秘密を知ってさ、しゃべっていたんじゃしようがないものね。それじゃ信者さん、幸せどころじゃない不幸にしちゃうものね。

 

 五十三年よ。『教会を始めるのです』って言われてびっくりしちゃって。それで「そうか」と思ってさ。それでなけりゃ勝手にやれやしないのよ、この教会。怖いから、神様。すべて、凄い力が動くからね。五十二年の三月二十八日かな。安丸姫って名前だけはいただいたんだけどね。それだって名前だけ神様から教わってさ、どうなっていいんだか分かんないからさ、なにしてたらさ、そしたら五十三年の六月二十八日ね、「脱会したい人は、脱会して良いから」って言うなにが来たからね、神様に聞いたら、『ここで脱会するんですよ』って。脱会させようという計画で神様がやったらしくてね。

 だから私がさ、この教会を勝手にやったんだとか、いんちきだとか神示教会で言っているって言うけどね、私は勝手にやったんじゃないの。神様に指図されてね、みんな神様に振り回されて、指図されて始めたことでね。

 あんた、幾ら苦しめられたってさ、勝手にやれやしないんだ。「実在の神様の指図で動いている教会だから、勝手にやれやしない」と思ってたからさ、自分でやろうとも思わなかった。始めるとも思わなかった。やっぱ、あんた、神様がさ、六月二十八日に脱会しろってさ。だから妹に手紙出してさ。五月二十八日か、六月二十八日か、二月か三月前くらいにね、そういうってさ・・・

 たさ、普段からお金はないけどね。特にね、『六月二十八日』に始めなさいと言ったって、何にもなかったのよ。困っちゃってね。銭もという訳でもないけどね、ほとんどからっぽだったのよ。


 それがある信者さんにね、ずっと昔からついて来た信者さんにね、すっからぴんでさ、「あらあれが厭だこれが厭だ」ってね、「働いていることが、どうのこうの」ってね。『それじゃこっちに越して来なさいって言いなさい』って言ったから、神様がね。「それじゃ教会が始められて、ちっとはね、お金が動くのかな」と思って、「仕事があるかな」と思って、それで「こっちに来なさい」って言ったの。そしたら本気になってむこうで越して来たんだけどさ、引っ越し賃だってやっとことすっとこでね、うちを借りるお金が、その人も何にもないんだね、あんた。だからしようがないから、私がちっとばかり貯金してあるのをね、きれいにはたいて、その、家賃と敷金払うじゃない。引っ越し代と不動産屋さんと。私のなけなしのお金をみんな下げてね、貸しちゃったのよ。神様は、『しようがないから貸してやれ』って言うから貸して。そしたらね、越して来て、四月に貸しちゃったのね。越して来て。

 そしたら六月の初めでしょ。「困っちゃった・・・」と思ってね。それならね、貸すんじゃなかったってね。なくて貸したもの、返してくれる道理がないでしょ。しようがないから、毎日毎日、こうやって座ってね、お金の捻り出しの心配ばっかしているのよ。「どうしたらいいだろう、どうしたらいいだろう」、神様は『大丈夫だ、大丈夫』だって、からっぽなのに、『大丈夫だ』って、「どうするんだろう」と思ってね、


 それで神様は、大袈裟なことを言うのよ。こっちが一銭もないの知ってる癖にね。それをね、鎌倉掘りを引出物にね、たった三十人か四十人だけれど、発会式の引出物に、前に鎌倉掘り屋があったのよ。

『そこは、鎌倉掘りを、菓子皿を頼め』

って言うのよ。しようがないじゃないのよあんた、何もないのに。それで、夏ね、八月になって、鎌倉掘りを頼めったって、毎日、お金どうしようかな。そのころだってお金のことで苦労させられたわよ。それで「主人に借りようかな」、そのくらいのお金ね。そしたら、

『だめですよ、あの人は、借りるとね、貸してやった貸してやったって一々口を出されて、紐付きの神様になっちまう』

 だからそれからさ、色々考えたらさ、日立家電の株をさ、和男がね「手数料なしで買えるからさ、買わないか」って言うから、私がね、たった千株だけど買っておいたのがあるのよ。それをね、それが二十七円で千株買っておいたのね。そしたらそれが四十何円くらいに上がってたのね。だからそれを売ってさ。『それを売れ』って言うからさ。だけどあれはね、私が買ってやったんだから。いくら親子だってね。やったんだから。「返せなんて言えやしない」と思って。そしたら、『お金はこちらが全部出したんだから、こっちに返して貰いなさい』って。


 それでね、順ちゃんが来てさ、順ちゃんが株をもって来てくれたのね、そっちに行っているのをね。もって来てもらって売ってさ、息をついたね。これで頼めると思ってさ。頼んで、もって来てもらって、「お金払えないから待ってくれ」とも言えないからさ。私、そういうことするの厭だから。しようがないからおとうさんに借りておこうとは思ったのに、『借りちゃいけない』っ言うのよ。

『紐付きの神様になって、いちいちいちいち貸してやったじゃないか、貸してやったじゃないかって、お金を出したって、口を出されて』

ね。口を出したくてしょうがない人なんだからね。

 上から押さえ付けて口を出したいんだから。人をがんじがらめにする人だからね。それでね「困っちゃった、困っちゃった」って毎日お膳の前に座って考えてたのよ。どうしてそのお金が『大丈夫だ大丈夫だ、借りなくても大丈夫だ』って神様が言うけど、「どこからそんなお金が転がり出すだろう」と思っていたら、株と、ひょいと思い付いてね、やっちゃったんだからねあの株ね、返せとは言えないから、いくら子供でも。

 それでさ、もって来てくれて、それを売ってね、それから順ちゃんが、二十万とってあるからそれを貸してやるって言ってね、それを貸してくれたらどうにかこうにか間に合ったのよ。たった三十人だからね。

 それでね、和男が「色々考えたら、お金がない癖に鎌倉掘りなんか頼まなくたって、会社で何かの時に、五百円か千円くらいであるよ」って言うの。引出物に使うのね。それでね、神様に聞いたら、『けちけちするんじゃ、ありませんよ』って言うのね。お金もないのに、『けちけちするな』って、しようがないから、向かい前に鎌倉掘りの店があったからね。


 仲良くするためにも。近所っていうのは、わずかなことでも、悪口言ったり、嫉妬心起こして、大変なものよ。ああいう、狭苦しい所に住んでいると尚更な事、商店街の狭苦しい所。それで、ついて神様が『けちけちするな』って言うから、鎌倉掘りの、小さい、ちょっとしたお菓子、生菓子でも二つ三つ、乗せるくらいのね、そんなのだって五千円だったね。ちょうどお金がなんとかなったから頼みに行ったらね、そしたら塗りが夏休みで、だから間に合わないって言うのよ。でも考えてくれて、「ああお客様が十月に結婚式をするのに、引出物にするのにできているのがあるのよ、あれを、こっちにまわしましょう」って言ってね。お客様に頼まれたのは十月までにできるからね。二十七枚あるって言って。あと三枚か四枚足りないのはね、もう少し大きいのを一万円くらいって言ったかな、それを頼んでね。それで色々、普段懇意にしてくれたり、一生懸命で協力してくれたりした人に大きいのをなにしてなにしたんだけど。


 それで、松岡さんにお赤飯を頼んでね。ま、そのころには発会式の後に払ったんだから、何とか払えたけど。その前に『ご神典』を頼んだり『幸福への道』を頼んだり『ご神歌』を頼んだりするでしょ。そうしたら、始めたら神示教会でね、供丸斎先生の息子と誰か幹部らしい人が来てね、「こんな教会始めてはいけない」って。「でもこれは、あたしがね、神様の指図で始めたんですよ。この教会は、だいたい、神様がやっているんですよ、お宅だって知っているんでしょうけど。神様が、やっている教会で、神様の指図で私が始めたんで、私が勝手にやっているんじゃない。」

 それもね、二月か三月前に、確かに手紙を妹の所にやっておいて、妹は支部長をしていたから妹の所へやって、そっちから届いている筈だからね。だから「抜ける者は、抜けろ」って言って。「こういうわけで、神様が抜けろって言って、こういう名前をつけていただいて、大山祇命教会」。神示教会じゃ、神示教会あのおじいさんが作った、上にのっかってうまくやって、人間ってのは、色々なふうに悪くとるからね。

『まったく別個の教会を作るんだから、だから供丸斎先生の息がかかっちゃいけないんだから、あの、本部へ行かないで、自分で神様に教わったことを、何すればいいんだから』

って言ってさ。それで、『幸福への道』に書いてあるね。神典を出したりしたのよ。そのお金を払ってね。やっとこすっとこやってね。それで、「勝手に始めた、勝手に始めた」って言ってね。「これは、勝手に始めたんじゃなくて、神の指図でやったんですからね。やめろの何のとあなたが言ったって」。

 この、「『幸福への道』を出してはいけない」って言ったんですよ。「いけないって言ったって、神様に、寸法から書き方まで教わって出したんですからね、ああそうですかって、お宅で止めろって言われたってね、ああそうですかって、止める訳にはいかない。神様がやれって言って、こうして教えてくれて、この寸法や何かも、みな、そうしたんだから」。それから、「ご神典が似ているからいけない」って言って、このご神典を明けて見て、それで『あそこに頼め』って言ったから、真似したんですよ。神様が『そうしなさい』って言ったからやったんでね。私が真似しようと思ったからやったんじゃなくて、神様がそうしなさいって言ったから、やったんですよ。

 初めは祇という字が書いてあったんだけど、あれは、うちのは二~三年たってからだね、『丸に富士和にしなさいよ』って神様が言ったから、それでね、何したんで。「いけない」って、言って来たんだね。

ページトップへ戻る